不安材料が改善されたら

レーシックは数年前に比べて断然、今の方が広く知られるようになってきました。
芸能人にも多くの人が受けて、裸眼で生活できるようになったというので、近眼の私も受けてみたいな、と思っています。
でも、手術をすることになるので、多少の不安はあります。
例えば、一時期ニュースでも取り上げられていたレーシック手術でのトラブルです。
きちんとしたお医者さんに掛からないと、レーシックによって失明してしまうこともあるそうです。
その点がとても心配です。
信頼できる医者探しが重要となることでしょう。
また、レーシックを受けた人が全て裸眼で生活できるようになる、という訳でもないようです。
人によっては一時的に視力が回復しても、また元の視力に落ちてしまうということもあると聞いたことがあるので、それだったら高い費用を出して受けてみる価値はないのかな、とも思ってしまいます。
これらのことが、私にとって不安材料と言えるでしょう。
いろいろな点が改善されたら、ぜひ受けてみたいものです。
SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加